今回は
もしも読者さんの中で、

少しでも、
カナダへの語学留学、
又はワーキングホリデー
を検討中の方が居たら、


カナダの
ワーキングホリデー経験者でもある
ワサ子から、


たった一つだけ
気をつけておいてほしい事があるの、、





そう、、それは、、





イケメンカナディアンには気をつけろ
ってことなの。





、、、ふぅ。。



だけどワサ子ね
よくよく考えてみたの。

あのプリッとしたオシリ、、
華奢な腰回り、、
上品な言葉遣い、、、


・・絶対そうやん。
逆になんでもっと早く気づかなかったのよ自分‼︎




ってゆーかね、

カナダに1年と少し居て
つくづく思った事は、

オシャレでカッコ良くて
話し上手なイケメンがいたとしても、


95%の確率で
彼の恋愛対象が女性とは限らない。って事。


わさ子なんて、懲りもせず
3回も引っかかっちゃったんだから。笑

\パターン2/


\パターン3/
/ちなみに彼は両性愛者の方でした\



ちなみに、カナダが
LGBTの人々が住みやすい国3位☆
に選ばれたのは、みなさんご存知でした?


マルチカルチャー文化が根強く、
移民もたくさん受け入れて来たカナダには、

肌の色や、宗教、そして性的趣向、
などに関わらず沢山の人達が共存して、
お互いを尊重し合いながら生活してるの。


ワサ子はワーキングホリデーで1年近く
カナダで働いていたけど、

ほとんどのカナダ人が
英語が完璧ぢゃないワサ子の接客にも、
怒らずに丁寧に答えてくれる人ばかりだった。


ちなみに
カナダでは同性婚が認められているけど、


日本では、2年前に渋谷区で
同性カップルに「結婚に相当する関係」
を認めるパートナーシップ証明書の発行を
可能とする条例が出来ましたね。


日本では今もまだ憲法としての
同性婚の合法化は
難しい問題かもしれないけれど、


ワサ子個人の意見としては、
いつか日本も
LGBTの方達も
幸せな結婚が法的に認められる
そんな世の中になって欲しいです。



そりゃ
トキめいたイケメンの恋愛対象が
女性ぢゃなかった時にガックシしちゃうのは
事実だけど(笑)

好き同士の人間が
結婚して素敵なウェディングを挙げたい
と思う事の何がいけないのって感じ。



おわり。





🖤絵日記ブログランキング参加中🖤
ポチッ♪と応援してもらえると嬉しいです🖤
*ワンクリックで自動的に1pt投票されるよ。