皆さん、こんばんわ。


↓前回までのカザフスタン旅漫画はこちら↓



さて、前回はホテル探しに路頭に迷ったワサ子に救世主?が現れました。

↓前回の終わり↓
FullSizeRender




さて、タトゥー兄ちゃんと新しいホテル探しに繰り出したワサ子、、、つづきをどうぞ。



FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender


最近になってようやく自分の男のタイプが自分自身で分かる様になってきた、、、私、無愛想な男キライぢゃないのよ。




ワサ子のひとりぶらり散歩
バルハシ湖

IMG_3494
※著者撮影
午前中のまだ観光客の少ない早い時間にバルハシ湖を訪れてみた。街を下り、段々と見えてくるバルハシ湖は、広大すぎて湖と言うよりもはや海。デカすぎて地平線が見える。

IMG_3492
※著者撮影
私は海が大好き。だけど湖は、海とはまた違う雰囲気の魅力がある。湖は海よりもっと静寂で品行方正なオーラがある。

IMG_3524
※著者撮影
湖でポテチを頬張りながら黄昏ていると、1人のカザフスタン美女に喋りかけられた。だが、ワサ子はロシア語もカザフ語も話せないので、お互い翻訳アプリを使いながらコミュニケーションをとる(現代のハイテク時代に感謝)。
私はネットが使えないので、その場でGoogle検索できなかったのだが、私は彼女にハリウッド女優のヴィクトリア・ジャスティスに似てるね。と、伝えたかった。

FullSizeRender
※著者撮影
途中でひとり散歩していたカザフスタン紳士も加わり、どういう流れなのか謎だが3人で少し散歩する事になった。

IMG_3497
※著者撮影
【アレム・シネマ/(Алем синема】映画館と言うよりかは、国の大事な機関のような建てがまえ。

FullSizeRender
※著者撮影
バルハシ湖はカザフスタン人のビーチスポットと聞いていたので、どんな観光地なんだろうと思っていたけど、実際はバルハシの街は、本当に小さな田舎町と言った感じ。この街で、1番のメインストリートとも言えるЛенин кешесi(レーニン・ケシャシ ストリート)も、写真(上)の様にとても簡素。

FullSizeRender
※著者撮影
どんな国のどんな田舎町でも、その町のバザール(市場)に行けば、その町の人々の活気溢れる生活を垣間見る事が出来る。写真(上)は、この町の1番大きなバザール。

IMG_3499
※著者撮影

IMG_3523
※著者撮影
りんごを頬張りながら、接客するワイルドイケメンな果物屋のお兄さん。


バルハシ湖の魅力
この町はアイスクリーム天国!

IMG_0776
※著者撮影
バルハシの町はなぜか異常にアイスクリーム屋が多い。まぢで50歩歩けば1〜2件のアイスクリーム屋がある。私が見つけたアイスクリーム屋だけでも、半径500m圏内に18個のアイスクリームスタンドがあった。需要と供給のバランスがおかしい。供給の方が多すぎて、殆どのアイスクリーム屋さんは、客がいるところを殆ど見なかった。そして味のレパートリーはどのお店もだいたい、バニラorストロベリーorメロンの3種類のみ。

だけど、6月の暑いカザフスタンで食べるアイスクリーム【Tr250/約75円】はうまい。ワサ子は1日に3度も食べてしまった。

IMG_3501
※著者撮影
こちら全部アイスクリーム屋。


ワサ子のハートもカザフスタンの真夏の暑さに溶かされてしまうかも、、、、つづく。




絵日記ブログランキング参加中♡

↓今回の記事が面白かったという方は、下の画像をポチッとしてくれると、嬉しいです↓
*ワンクリックで自動的に1pt投票されるよ





↓ワサ子のオススメバックパック☆↓
↓ドイターエアコンタクトのバックパックは背面調節可能!長時間背負っていても疲れません!↓




↓旅に使えるオススメ商品
↓軽くてコンパクトだからかさばらない!ハイキングやトレッキングの時にも使えます!↓



↓安宿でお湯の出が悪い時にめちゃくちゃ重宝しました。笑↓